So-net無料ブログ作成

【速報】日本VSオーストラリア試合結果 [スポーツ]

2月23日 日本代表壮行試合 日本VSオーストラリアが行われた。

なお先発は以下の通り
日本代表         オーストラリア代表
1番(中)長野      1番(遊)ハーマン   
2番(二)鳥谷      2番(中)デニング
3番(遊)坂本      3番(指)ヒューズ
4番(捕)阿部      4番(一)ウェルチ
5番(右)糸井      5番(左)ヒューバー
6番(左)内川      6番(三)ウォーカー
7番(指)中田      7番(捕)M・ケネリー
8番(一)稲葉      8番(右)スネリング
9番(三)松田      9番(二)デービーズ
(投)田中         (投)オクスプリング

試合は詳細
初回は前回(2失点した強化試合)先発の田中だった立ち上がりから制球を乱し、打たれたヒットは1本だが初回に2点を失う厳しい状況。
その裏日本は2アウトから3番坂本がファーボールで出塁するも4番阿部が外角いっぱいの直球に手が出ず見逃し三振に倒れ3アウト。

2回オーストラリアの攻撃。
2本のヒットからピンチになるが味方の守備に助けられなんとか無失点で切り抜ける。
その裏日本の攻撃日本もチャンスを活かせず無失点に終わる。

3回オーストラリアの攻撃
なんとか先発の田中が立て直し無失点。
その裏日本の攻撃。投手交代:オクスプリング→ルジック
変わったルジックの変則的なフォームに苦しめられ日本は3者凡退。

4回オーストラリアの攻撃。投手交代:田中→杉内に。
変わった杉内は危なげなく3者凡退に抑える。
その裏日本の攻撃は2アウトながらエラーと四球でチャンスを作るがライトフライで3アウト。なおここまで日本はヒットなし。

5回オーストラリアの攻撃
2アウト3塁のピンチも最後はセカンドゴロに抑え3アウト。
その裏日本の攻撃。投手交代:ルジック→ブライト
松田がノーアウトから日本今日初ヒットで出塁。しかしその後にが続かず無失点に終わる。

6回オーストラリアの攻撃。投手交代:杉内→能見
ヒットと暴投でランナー2塁となるがその後をきっちり抑え無失点に抑える。
その裏日本の攻撃。投手交代:ブライト→T・ケネリー
日本も同じく四球とワイルドピッチでランナー2塁になるが後が続かず無失点に終わる。

7回オーストラリアの攻撃
この回先頭打者を三振に打ち取った後ヒット・四球・暴投で1アウト2.3塁になるが後続を三振で切り抜け能見は2回を5奪三振。
その裏日本の攻撃。投手交代T・ケネリー→ラッセル
2アウト2,3塁バッター4番の阿部の所で投手交代ラッセル→ケントに交代
変わったケントは阿部に四球で2アウト満塁。1塁阿部→代走:本多
この日さいだいのチャンスにバッターは内川であったがピッチャーゴロに倒れ3アウト。

8回オーストラリアの攻撃。守備交代:キャッチャー相川 守備変更:鳥谷セカンド→サード 守備変更:本多→セカンド
8回も続投の能見がオーストラリアの攻撃3人で抑える。
その裏日本の攻撃。守備交代:レフトアダムソン
この回先頭の糸井はサードゴロに倒れるも中田・井端の連打で1アウト1.2塁のチャンス。バッターはこの回変わった相川が会心の打撃でレフトスタンドへ3ランホームランで日本逆転!!
ここで投手交代:ケント→ウィリアムズ後続は倒れ3アウト。

9回オーストラリアの攻撃。投手交代:能見→牧田
先頭のカンディラス 高めのつり球に空振り三振 1アウト
デービーズ→代打:バタグリア
続くバタグリアも三振で打ち取り2アウト
最後もハーマンを三振に打ち取り3アウト
試合終了。

試合は2-3で日本がなんとか勝利をあげた。





MIZUNO(ミズノ) 【2013WBC 侍ジャパン】レプリカグラコン 52WM89314 ネイビー×レッド
  • 出版社/メーカー: ミズノ
  • メディア: その他


  • タグ:WBC 試合結果
    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:スポーツ

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    トラックバック 0

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。