So-net無料ブログ作成

【WBC】キューバ戦に向け不審の二人が特打。 [スポーツ]


1次ラウンド突破を既に決めた日本だが、不審の二人。稲葉と長野が雪辱を期すためにヤフオクドームでフリー打撃を中心とした全体練習を実施。

その一人の稲葉はフリー打撃終了後にスタッフが撮影した映像でフォームを入念にチェック。特打では、立浪打撃コーチの指導で、打撃動作前の間をしっかりとろうと、打席の外側に立って打撃投手の動作に合わせて、歩きながらボックスに入ってスイングする練習を繰り返した。稲葉は「安打がほしくて、動きが小さくなっていた。きっかけがほしい。どんな形でも安打になればホッとする」と必死だ。

 一方の長野は打ち気にはやっているのか、明らかなボール球に手を出して引っかける場面が目立った。「明日、頑張ります」と言い残して球場を去った。

不振とはいえ、この二人の本来の能力の高さは明らか。
6日のキューバ戦はある意味、消化試合。おそらく今大会で唯一、リラックスして臨めるはずのこのゲームで、復調のきっかけをつかんでほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。